趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku13-1

FrontPage

今日の出来事

2013/1/31(木) 晴れ

画像の説明

  • Electraボールペン漆仕上げ
    昨日の続きです。 写真上は黒漆1回ぬりで研磨したものでこの黒漆は中塗りです。 更に中塗りを重ねた後に朱漆で仕上げます。 写真下は黒漆の塗り立てに乾漆粉を蒔いて乾燥後刷毛で余分な乾漆粉を除いています。 この上から粉止めのために生漆を塗ります。

2013/1/30(水) 晴れ

画像の説明

  • Electraボールペン漆仕上げ
    Electraボールペンの漆仕上げの途中経過です。 写真上は黒石目塗りになります。 これから黒漆を塗り、乾漆粉を蒔いて石目の下地をつくります。 写真下は朱漆仕上げで蒔き錆びの後#600のサンドペーパーで研磨しています。 これから中塗りとして黒漆を塗ります。 蒔き錆びは生漆を塗りとの粉を蒔いたもので硬い下地になります。

2013/1/29(火) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)
    屋久杉トラ杢軸を仕上げました。 木目の詰まった優良屋久杉で写真では分かりませんが全体がキラキラの光明です。 キャップ部分は光明縞の細いトラ杢で全体はキラキラ光明の入った上品な杢です。 これだけの素材はなかなか入手が出来ません。 見る方向で表情が変わります。

2013/1/28(月) 晴れ

画像の説明

  • 漆仕上げ
    久しぶりの漆作業を開始しました。 写真上2本はElectraボールペンになります。 本格漆仕上げ(朱漆)と黒石目塗り仕上げのご希望です。 下地処理として木固め、蒔き錆を施しますので硬い軸に仕上がり実用的な高級軸となります。 写真下は貴重な屋久杉泡瘤軸ですが素材の暴れが収まるまで待っていたものです。 最終の拭き漆仕上げを実施します。

2013/1/27(日) 晴れ

画像の説明

  • グリーンキャンバスマイカルタ軸ボールペン
    クリック式のスリムタイプボールペンです。 グリーンキャンバスマイカルタ素材の端材がもったいないのでスリムタイプのボールペンを製作しました。 軸径10.5mmのスリムタイプですがマイカルタ軸の握りのシックリ感はあります。 自分用として使います。

2013/1/26(土) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)(4)
    屋久杉トラ杢軸は艶が出て少し濡れ色となったのでトラ杢が浮かんできました。 今回の模様は木目が細かくて上品なトラ杢(光明)です。 もう少し下地処理を続けます。

2013/1/25(金) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)(3)
    ほぼ最終軸径のキャップ17.2mm、軸16.2mmまで削りました。 その後サンドペーパーで磨いた状態です。 木肌の荒れは無くなり綺麗なペン軸となっています。
    更に木地固めと研磨を繰り返しますがこれからは研磨跡が残らないように1300番手のサンドペーパーを使います。

2013/1/24(木) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)(2)
    写真は最終の軸に近い状態まで切削した屋久杉トラ杢軸です。 木目の詰まった屋久杉特有の美しい木肌です。 トラ杢はまだハッキリしませんが研磨が進み濡れ色になると浮かんできます。 この状態では軸径がまだ0.5mmほど太いので木地固めと研磨を繰り返し最終の軸径に仕上げていきます。

2013/1/23(水) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)
    1月21日に紹介しました屋久杉ペンブラングを軸に加工しました。 まだ荒削りの段階なので最終軸径より2mm位太くなっています。 杉素材は柔らかく、旋盤加工で軸の逆目の部分が荒れています。 荒いサンドペーパーでこの荒れを取り木固めエースで下地処理します。 その後に再度完成軸径まで切削します。 手間は掛かりますがこの下地処理が仕上がりに大きく影響します。

2013/1/22(火) 雨後曇り

画像の説明

  • プーリー穴加工
    入手したギアモーターにプーリーを取り付ける事ににしました。 手持ちのアルミプーリーの軸穴は16mmでモーター軸径は18mmです。 以前は穴加工を鉄工所にお願いしていたのですが18mmφのノスドリルがオークションで送料込みの2000円で入手できたので自分で加工しました。 旋盤のドライブ側でプーリーを掴み、テールストック側にドリルチャックを取り付けての作業です。 低回転で油を差しながらユックリと穴あけすると上手くいきます。 このノスドリルは中国製ですがHSSで切れ味も良くお買い得だったようです。

2013/1/21(月) 曇り後雨

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)
    今日はコミュニティFM局の無線設備検査の予定でしたが、あいにくの雨で明日の放送終了後に延期となりましたので工房作業を進めています。
    お客様の依頼で油分が多く香りがあり、トラ杢が全体に出て両端クローズドエンドの取れる屋久杉素材を探していました。 やっと写真のものが入手出来ましたので作品作りに取り掛かります。 内部からキズなどが出ない事を祈ります。
    この屋久杉軸万年筆もシェラックフィニッシュでキャップの飾りリングを省き、素材の魅力が生きた万年筆になります。

2013/1/20(日) 晴れ

画像の説明

  • メタルスタンプ
    ebayで購入したメタルスタンプが到着しました。 革への刻印を考えていたのですが絵が精密過ぎて彫りが浅いので上手く刻印できません。 ホットスタンプも無理なようです。 折角入手したので他の使用方法を考えます。 ビンテージですが程度は悪くありません。

2013/1/19(土) 晴れ

画像の説明

  • パーカータイプとJETSTREAM替え芯の注意点
    パーカータイプの代わりにJETSTREAM替芯を使用する場合、ツイストタイプのボールペンではほとんど問題がありません。 しかし、クリック式の場合は芯先の出具合を多く取れないことがあります。 理由はクリックボタンを押し下げた時に、構造上、一旦芯先がライティングチップから余分に出る必要があります。 このストロークが国産の替芯はパーカータイプ程に大きく取ることが出来ないためです。 対策はライティングチップの穴を少し拡大(3.2mmφ以上に)すれば芯先出具合の自由度が増しますがそこまで実施する必要はないでしょう。
  • データ
    写真上 JETSTREAM   芯先 2.28mmφ 接続部 3.02mmφ
    写真下 パーカータイプ   芯先 2.44mmφ 接続部 2.44mmφ
    ・JETSTREAMの黒い部分(3.02mmφ)がライティングチップ穴を通過出来ない。
     →フリクションは接続部が3.2mmφ

2013/1/18(金) 曇り時々雪

画像の説明

  • マイカルタ軸ボールペン
    写真上がグリーンキャンバスマイカルタ軸パトリオット(L)、下はマルーンリネンマイカルタ軸ノック式ボールペンです。 以前紹介した仕様の基本は変更していませんが、パトリオット(L)は細めでという事なので軸径を15mm(最大部)にしましたので少しスリムな感じとなりました。 どちらもご予約品です。 同時依頼のペンシルが完成次第納品します。

2013/1/17(木) 晴れ

画像の説明

  • ハワイアンコアウッド軸パトリオット
    ハワイアンコアウッド軸のボールペン(パトリオット)が完成しました。 仕上げはシェラックポリッシュです。 光沢を少し抑えた仕上げですがカーリー杢は見る方向で立体的に変化して綺麗な軸に仕上がりました。 ニッケルサテンの金具とも良くマッチしています。 派手ではありませんがジックリと楽しめる木軸だと思います。 数年前入手したこの素材はもう少し手持ちがあります。 厚さ16mmの素材なので太軸や中軸の万年筆は無理ですが、ボールペンやペンシルの軸は製作可能です。 Electra万年筆も大丈夫です。 Jrサイズの万年筆はギリギリできるかも分かりません。
    ハワイアンコアウッドに興味のある方はご連絡ください。

2013/1/16(水) 曇り

画像の説明

  • フリクション替芯用クリックボールペン
    細身のマイカルタ軸クリックボールペンでフリクションボール替芯を使用したいとの相談がありましたので検討しました。
    結果は、クリックボールペンの軸は細いのでロングタイプのフリクション替芯は使えませんが、多色ボールペン用フリクション替芯ならば下記のようなアダプタで対応できます。 
    ①スプリングストッパー 5mmφアルミ棒に3.5mmφ穴を空けて使用
    ②スプリング 外径4.4mm、自由長25.1mmのものに取替え
    ③替芯エンド部 パーカー替芯のエンド部を切り取り、3.5mmφ穴を空けて使用
    ④ライティングチップ チップの先端穴を内側から深さ1.5mmほど拡大(3.5mmφに)する。 
     

2013/1/15(火) 曇り

画像の説明

  • ハワイアンコアウッド(2)
    写真はハワイアンコアウッド軸の下地処理3回実施後、研磨した状態です。 木肌はかなり滑らかになっています。 カーリー杢も綺麗に浮かんできました。 この模様は見る方向で変化するカーリー(トラ)杢独特のものです。 木肌には導管が見えますがあまり気にならない程度になってきました。 もう少し下地処理を重ねてみます。

2013/1/14(月) 曇り

画像の説明

  • マイカルタ軸ペン3本
    ご予約のマイカルタ軸ペン3本の荒削りが完了です。 写真上からグリーン&ブラックリネンマイカルタ軸ペンシル、グリーンキャンバスマイカルタ軸ペンシル、グリーンキャンバス軸パトリオット(L)です。 グリーンキャンバスマイカルタの方は少し細めの依頼なので15.2mmとしています。 15mm径の内の0.5mmの差はデザインもグリップ感もかなり違います。 これから0.3~0.5mm位を少しづつ削りながら仕上げます。

2013/1/13(日) 曇り

画像の説明

  • ハワイアンコアウッド軸パトリオット
    伐採と輸出が制限されいるハワイアンコアウッドでパトリオットの軸を作ります。 木固めエースで持ち味のカーリー杢が生した仕上げとします。 ペンキットはつや消しのパトリオットのニッケルサテンを使用します。 サイズは標準サイズです。
    写真は1回目の下地処理が終わった状態ですが、カーリーはあまり目立ちません。

2013/1/12(土) 晴れ

画像の説明

  • マルーンリネンマイカルタ軸クリックボールペン
    マイカルタ軸クリックボールペンを組み立てました。 マイカルタの元祖ウェスティングハウス社製のマルーンリネンマイカルタで磨くと燻し竹のような独特の美しい仕上がりになります。 マイカルタ軸は手にシックリと馴染みます。 軸径は15.5mm、長さ145mm、重さ36gです。
    替え芯はパーカータイプとJETSTREAMの両方が使用出来るようにします。

2013/1/11(金) 晴れ

画像の説明

  • グリーン&ブラックリネンマイカルタ軸ボールペン
    スリムなマイカルタ軸ボールペン(Click Pen)です。 軸径約10mm、長さ135mm、重さ25gで、替え芯はパーカータイプです。
    細身ですが適度な重量感と吸い付くようなグリップ感の実用的なボールペンです。
    同じスタイルのペンシルのキットもあります。

2013/1/10(木) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)
    屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)です。 生漆で木地固めを行いましたので漆が木地に染み込み杢がはっきりしています。 その後、温度・湿度変化による素材の暴れ防止のために木固めエースで入念に下地処理を行いました。 仕上げはシェラックフィニッシュで艶出しを行っています。 艶を抑えた薄めの色合いの仕上げで、拭き漆仕上げとはまた違った味があります。 ペンキットはCambridgeです。
     

2013/1/9(水) 晴れ

画像の説明

  • マイカルタ
    今年最初のマイカルタ軸ペンの製作です。 ご予約分のペンブランクを用意しました。
    写真上から
    ①グリーン&ブラックリネンマイカルタ 万年筆(両端クローズドエンド)
    ②   〃  ペンシル
    ③グリーンキャンバスマイカルタ パトリオット(L)
    ④   〃  ペンシル
    ⑤マルーンリネンマイカルタ クリックボールペン    の5本です。
    グリーンキャンバスマイカルタは残念ながらこれで最後です。 
    仕様の決まったものは穴あけ、真鍮パイプの接着まで終わりました。
    何時もの事ですがマイカルタは硬いので穴あけで苦労しています。  

2013/1/8(火) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸のバリエーション
    屋久杉トラ杢軸の仕上げの違いを紹介します。
    写真上から
    ①屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド) シェラック仕上げ
     ペンキットはStatesman、太軸、ペン先#6(M)
    ②屋久杉トラ杢軸万年筆(クローズドエンド) 拭き漆仕上げ
     ペンキットはCambridge、中軸、ペン先#6(M)
    ③屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド) 下地漆シェラック仕上げ
     ペンキットはCambridge、中軸、ペン先#6(M)
     ・漆で木地固めして再研磨後、木固めエースを1回塗りした状態です。
      完成時は上2本の中間的な色合いに仕上がる予定です。

2013/1/7(月) 晴れ

画像の説明

  • ホットスタンプホイル
    ebayで購入したホイル(箔)が到着しました。 6色で送料込み32.99$なので国内で購入するよりかなり安く購入できた事になります。
    早速ペンケースに名前の箔押しをしてみました。 箔押しは温度管理がかなりシビアなようです。 高すぎると滲みが出るし低すぎると印字出来ない所がでます。 何回も試してようやく写真下のような箔押し(銀色箔です)ができました。 この革は柔らくてシボもあるのでどうしても滲みは出てしまいますがマズマズの出来だと思います。
    印字位置が思った所で無いので箔押し機に印字位置ガイドを作る必要がありそうです。

2013/1/6(日) 晴れ時々曇り

画像の説明

  • メタルスタンプ(活字)
    革製品への刻印や箔押しに使用するメタルスタンプです。 全てオークションで入手したものです。 左から36ポイント、18ポイント、14ポイントです。 活字だと小さく見えますが文章(名前)などに組んで刻印すると大きくなり過ぎることがあるので段々と小さな活字を揃えることになりました。 箔押しに使用する箔はebayでアメリカに発注しています。 これらのメタルスタンプは普通の刻印と箔押しの両方に使えますが焼印としては使用できません。 

2013/1/5(土) 晴れ時々曇り

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢軸万年筆(両端クローズドエンド)
    シェラック仕上げの屋久杉トラ杢軸万年筆を組み立てました。自然色の屋久杉の色合いで、屋久杉の香りも少し残っています。キャップは軸尻に取り付けられるようになっています。
    (色合いと大きさを拭き漆仕上げの屋久杉軸万年筆(クローズドエンド)と比較しください。)
    写真(下)がキャップを軸尻に取り付けた状態ですが、この場合の長さは210mmで堂々とした万年筆となりました。 仕舞寸法は長さ165mmです。 重さは40gと見た目より軽量です。 また、キャップのみの重量は14gなので軸尻に取り付けた場合でも極端にバランスが崩れることはなさそうです。 

2013/1/4(金) 曇り

画像の説明

  • 簡易レザーペンケースの製作
    ソフトヌメ牛革シボ(1mm厚)を使用したペンケースを作りました。 普通サイズの万年筆、ボールペン用です。
    今回は手縫いですがあまり厚い革ではないのでミシン縫いも出来ると思います。
  • 簡易レザーペンケース
    長さ 155mm, 幅 50mm, ポケットの深さ 約110mm 

20131/3(木) 曇り

画像の説明

  • レザーバッグの修理
    レザーバッグのショルダーストラップの付け根が切れたので修理を頼まれました。 革の端材もあるし、両カシメもあるのですがバッグから古いカシメ金具を外すのにてこずりました。 結局写真下の「喰切」という工具をホームセンターで購入して無事取り外す事が出来ました。 カシメの取付用工具はありますが、取外しの専用工具は無いようです。

2013/1/2(水) 曇り

画像の説明

  • ペンキットの改造
    屋久杉トラ杢軸両端クローズドエンド万年筆のシェラック仕上げに使うペンキットはStatesmanです。 オリジナルは写真左のようにキャップ金具に飾り彫刻リングがついています。 このまま使用しても良いのですが軸素材を生かすために飾り彫刻リングを取り外して写真右のような金具で使っています。 傷がつかないように彫刻リングを取り外す作業は以外と大変で、専用ジグを作って対応しています。 飾りリングが無くなればキャップを閉めた状態では1.5mmの金属リングが見えるのみとなりスッキリとした万年筆に仕上がります。 キャップ金具に付いている黒いプラスチックの長さの違いはペンキットの仕様変更によるもので写真は両方ともStatesmanです。

2013/1/1(火) 晴れ

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional