趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku13-8

FrontPage

今日の出来事

2013/8/31(土) 雨

画像の説明

  • エボナイト軸
    ドイツ製のエボナイトが入手できました。 レッド&ブラックのエボナイトロッドです。 送られてきたものは写真右の上のような色で本当にレッドとブラックのカラーエボナイトなのかと思うものでした。 試しにパトリオット軸に加工してみると見事なブラックに濃い赤の縞が現れました。 紅木紫檀のような雰囲気のエボナイトです。 現在の軸径は15mmです。 14mmの軸径をご希望なので後1mm切削します。 #2000まで研磨の後、軽くバフで仕上げています。

2013/8/30(金) 雨

画像の説明

  • ペンケース
    革製のペンケースです。 ピンクアイボリーのボールペンと一緒のご依頼です。 ボールペンの替え芯は0.5mmのジェットストリームに変更しました。 ピンクアイボリー軸もこの色のペンケースも女性には人気があります。

2013/8/29(木) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆9本
    拭き漆の工程を完了して桑軸万年筆9本が完成しました。 全て桑ですがこうして並べてみると杢や色など表情が全て違います。 全て木地固めと捨て漆で導管の凹みを修整した後、拭き漆を重ねて仕上げました。 桑独特の黄金色を漆の艶が引き立てています。 これで予定の19本が全て完成しました。 最終チェックの後、桐化粧箱に入れてお納めします。

2013/8/28(水) 晴れ

画像の説明

  • マイカルタ、紅木のペン4本
    ペンが4本完成しました。 写真上は、マルーンリネンマイカルタ、紅木のロングパトリオットです。 素材は違うが雰囲気の良く似たボールペンに仕上がりました。 写真下はペンシルとウルトラシガーボールペンで軸はブラックキャンバスマイカルタです。 もうすぐ納品出来ます。
     

2013/8/27(火) 晴れ

画像の説明

  • ピンクアイボリー軸ボールペン(マッシュルームヘッド)
    ペンキットはマッシュルームヘッドというボールペンです。 素材のピンクアイボリーは木ですがピンクの象牙のような雰囲気があります。 木肌を調整した後、シェラックで仕上げました。

2013/8/26(月) 晴れ

画像の説明

  • 紅木軸
    紅木紫檀軸の仕上げが完了しました。 導管の凹みを修整してワックスで艶出しをしています。 黒に近い深い赤と朱に近い少し明るい赤が紅木特有の美しさを出しています。 ウレタンや漆の艶と違うシットリとした艶のワックス仕上げです。 近日中に組み立てます。

2013/8/25(日) 雨時々曇り

画像の説明

  • マルーンリネンマイカルタ軸
    先日の紅木軸と同じサイズのマルーンリネンマイカルタ軸です。  マルーンリネンマイカルタは写真のように燻し竹のような感じの仕上がりになります。 人気のある素材ですが残り少なくなりました。 今後の入手は難しいと思います。

2013/8/24(土) 雨

画像の説明

  • 桑軸万年筆
    桑軸の拭き漆作業は毎日続いています。 桑入り皮軸も完成しました。 この軸は少し手間がかかりました。 軸表面の波打ちや荒れなどで、仕上げ・再研磨を繰り返して完成です。 キャップから軸にかけて模様が現れた個性のある軸に完成しました。 更にもう1本が拭き漆の作業中です。

2013/8/23(金) 晴れ

画像の説明

  • 黒柿軸パトリオット(極太)
    黒柿のロングパトリオットで極太軸が完成しました。 縁の緑は薄くなり、残念ながら良く見えなくなりましたが雰囲気は残りました。 孔雀の羽の模様は綺麗に浮かんでいます。 金具はゴールドで、替え芯はジェットストリームです。 仕上げは自然な艶のワックス仕上げです。
     

2013/8/22(木) 晴れ

画像の説明

  • パトリオット用紅木軸
    パトリオット用の紅木軸です。 紅木は三味線の棹などに使用される高級素材です。 軸の長さは94mmで通常のロングサイズより少し長めで組み立てると約145mmのロングサイズパトリオットとなります。 軸径は約16mmです。 木肌に導管が見えていますがペン軸ではこの凹みが少し気になります。 これから木肌を綺麗に調整して自然仕上げの軸に仕上げます。

2013/8/21(水) 晴れ

画像の説明

  • パトリオット(L)用エボナイト軸
    昨日の手持ちエボナイト素材をロングパトリオット用に加工しました。 ワインレッドにマーブル模様が出ています。 サンドペーパーで#2000まで研磨の後ピカールで磨き、その後更にパフ磨きとワックスかけをしましたのでピカピカの状態です。 エボナイトは手に良く馴染み、適度な重さで万年筆などの軸としては優れているのですが、紫外線で色あせしたり変色したりするのが欠点です。 

2013/8/20(火) 晴れ

画像の説明

  • エボナイト
    エボナイト軸のお問い合わせがありました。 手持ちのマーブルエボナイトでパトリオット(L)を試作してみる事にしました。 この素材は知人から頂いたものですが満足出来る作品になれば素材のマーブルエボナイトを本格的に探したいと思います。

2013/8/19(月) 晴れ

画像の説明

  • 糸立て
    今日のペン作りは、桑軸万年筆の拭き漆作業とペンキットの発注のみです。 オフさんに黒柿軸用のパトリオットGOLDとピンクアイボリー軸用のマッシュルームヘッドを発注しました。
    国内のお店なので早ければ明日には到着します。
    写真の糸立てはオークションで安く購入したものです。 工業用糸の位置決めアダプタ(普通はコーン状のプラスチック製)が、今回のものには付属していなかったので自作しました。 旋盤で加工して真ん中に6mmφの穴を空けるだけで10分位で完成です。 糸立てはミシンの糸がらみを防止するために必須のツールです。
     

2013/8/18(日) 晴れ

画像の説明

  • マイクロメータ
    木工ではノギスがあれば十分でしたがレザークラフトではマイクロメータが必要です。 革漉きの際にマイクロメータで厚みを測定します。 マイクロメータは一定の圧力で測定するので正確な革の厚みが分かります。 Monotaroで購入しました。

2013/8/17(土) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆3本完成
    クリップ付1本と両端クローズドエンド2本の完成です。 写真では分かり難いのですが褐色の中に黄金色に輝く部分があります。 どれも桑の特徴が良く現れた軸です。
     

2013/8/16(金) 晴れ

画像の説明

  • パトリオット用黒柿軸
    パトリオット(L)用の黒柿軸です。 孔雀の羽の模様が見えます。 縁取りの緑も薄くはなりましたが確認できます。 素材の白い部分は柿渋で薄い褐色の良い感じになりました。 木肌の導管も綺麗に調整しました。 この上から拭き漆をしたいのですが折角の孔雀の羽が見えなくなりそうなので中止します。 ペーパーで磨いただけなので半艶状態です。 ワックスで磨けば程よい輝きが出ると思います。 金具はGOLDをご希望ですが手持ちがありません。 販売店が盆休みなので組み立ては来週になります。

2013/8/15(木) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆3本
    桑軸万年筆を3本組み立てました。 クリップ付き2本と両端クローズドエンド1本です。 特に写真前の軸は綺麗です。 キャップの部分には入り節があるのですがその周辺の杢が複雑で色彩も変化に富んでいます。 軸尻にも杢・色彩の変化に富む部分があり、バランスの良い桑軸万年筆に仕上がっています。

2013/8/14(水) 晴れ

画像の説明

  • ショルダーバッグ
    妻から依頼のショルダーバッグです。 革ではありません。 「かばん屋さんのキット」を使って製作した合成皮革の鞄です。 合成皮革と本革では少し作り方が異なりますが大変参考になりました。
    付属の型紙を参考にしながら今度は本革のオリジナルショルダーバッグに挑戦してみます。  

2013/8/13(火) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆
    毎日桑軸は拭き漆作業を実施しています。 今日は6本の拭き漆が完了して磨きをかけました。 そのなかの1本、入り皮のあった軸も写真のように完成しました。 素材の様子は7月18日に掲載しています。 下地処理と拭き漆を重ねる事により写真のように変身しています。 入り皮の境目から色が変化して個性のある軸です。
      

2013/8/12(月) 晴れ

画像の説明

  • 黒柿軸パトリオット
    昨日の黒柿軸を研磨しています。 木肌の荒れも調整する必要があります。 木固めエースでは全体が黒ずんでしまいます。 溶剤が乾燥すると少しは良くなるようですが緑の部分は無くなりそうです。 柿渋はどうでしょうか? 木肌が少し褐色になります。 緑は消えないのですが色は変化しています。 最終的には拭き漆で仕上げたいのですが漆を吸い込んで全体が黒ずみます。 まだまだ工夫が必要です。 写真は柿渋を1回塗った状態です。

2013/8/11(日) 晴れ

画像の説明

  • 黒柿軸パトリオット
    黒柿でパトリオットロングの軸を作ります。 写真は荒削りの状態で軸径は19mmあります。 気になる孔雀杢も綺麗に現れました。 模様の内側が全て緑の縁取りが出てきました。 問題はこれからの仕上げ方法です。 この孔雀模様のコントラストとグリーンを保ちながらペン軸に仕上げる方法を模索します。

2013/8/10(土)

画像の説明

  • 黒柿軸ボールペン
    黒柿孔雀杢のボールペンの問い合わせがありましたので素材を確認しました。 手持ちに写真のようなペンブランクがあります。 この状態では孔雀模様が見られます。 特徴の緑色も現れています。 しかし、ペン軸に加工すると模様の見え方が違ってきます。 仕上げにより緑色の部分も見え難くなります。 完成品がご希望に沿うかペンになるかは分かりません。

2013/8/9(金) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸4本拭き漆完了
    万年筆用の桑軸4本の拭き漆作業が完了しました。 どの軸も拭き漆で杢、色が映えてきました。 艶も出て桑軸の魅力を発揮しています。 湿度の高い漆室に長時間ありましたのでほんの少し膨らみが見られます。 室内の温度・湿度で元に戻してから組み立てます。

2013/8/8(木)

画像の説明

  • 菱目打ち機
    菱目打ちをハンドプレスに取り付けました。 厚い革に菱目を打つ場合は垂直に菱目打ちが入らないと裏側の糸目が波打ちます。 今までは、手持ちで木槌で打ち込んでいましたがどうしてもほんの少し垂直が保てませんでした。 また、縁からの幅も一定に保つのが難しいので菱目打ち機にはガイドを取り付けることにしました。 全て手持ちのもので組み上げることが出来ました。

2013/8/7(水) 晴れ

画像の説明

  • 革財布(二つ折り)
    自分用の革財布です。 革財布作りは何度も挑戦しましたが満足のいくものになりませんでした。 今回のは少し不満もありますがイメージに近いものが完成しました。 中のパーツ部分は半完成品を購入して外の革のみ自分の好みのものを取り付けています。 財布の周りはヘリ返しという手法で仕上げました。 ステッチはミシン縫いをあきらめて手縫いです。 大分コツが分かりましたので次は綺麗な財布が出来そうです。

2013/8/6(火) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆10本
    拭き漆を完了した桑軸10本を万年筆に組み立てました。 クリップ付き5本と両端クローズドエンド5本です。 ペンキットはハイエンドのStatesmanの太軸万年筆です。 素材の持つ夫々の杢と色に、拭き漆が深みと艶を与えて綺麗な桑軸になりました。
     

2013/8/5(月) 晴れ

画像の説明

  • ブラックキャンバスマイカルタ軸パトリオット
    ブラックキャンバスマイカルタ軸パトリオットが2本完成しました。 黒軸のパトリオットもドッシリして良い感じです。 見た目だけでなくロングサイズ47g、標準サイズ44gと重量感もあります。 この重量感と手に馴染む握りこごちがマイカルタの魅力です。 替え芯はロングサイズがジェットストリーム、標準サイズはパーカータイプ(アダプタでジェットストリームも可)です。

2013/8/4(日) 晴れ

画像の説明

  • ブラックキャンバスマイカルタ(2)
    昨日のマイカルタのペンブランクの切削を行いました。 標準サイズの軸径は16.5mm、ロングサイズの軸径は16mmで、#400のサンドペーパーで研磨した状態です。 最終寸法は標準サイズ16mm強、ロングサイズ16mm弱位の予定です。 仕上げは、#2000のサンドペーパーまで細かく研磨して写真上のパトリオットような感じとなります。

2013/8/3(土) 晴れ

画像の説明

  • ブラックキャンバスマイカルタ
    ブラックキャンバスマイカルタ軸のパトリオット2本のご依頼です。 標準サイズとロングサイズ各1本です。 ロングサイズに使用する真鍮パイプは10インチの長さのものを切断して使用しますが在庫が無くなりましたのでアメリカに注文していました。 昨日到着したので早速作業に取り掛かります。

2013/8/2(金) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆
    桑軸万年筆の拭き漆作業は毎日続けています。 今年は猛暑で、漆室は特に高温多湿です。 漆の乾燥には良いのですが桑軸にとってはかなりのストレスのようで、拭き漆表面の波打などが発生します。 修整のための再研磨などで手戻りが多く作業が捗りません。 でもこのストレスをくぐり抜けた桑軸は立派な軸になります。 写真の軸は、杢、色合いが綺麗で光明も見られます。 組み立てはもう少し先になります。
     

2013/8/1(木) 晴れ時々雨

画像の説明

  • ミシンライト
    コードレスのLEDミシンライトを自作しました。 LEDライトはインクカートリッジのおまけでもらったものです。 充電式で電池交換が不要なので便利です。 アルミ板で写真のようなホルダーを作り磁石でミシンに取り付けます。 LEDライトに付けている革帯?はライト横のスイッチを確実にONとするために必要です。 LEDは3灯式であまり明るくはありませんが実用性は十分です。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional