趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku13-9

FrontPage

今日の出来事

2013/9/30(月) 曇り

画像の説明

  • ペンターニングセット
    オフ・コーポレーションさんに新しいペンターニングセットがありましたので購入しました。 写真下のアルミハンドルのセットです。 上は以前購入した木のハンドルのペンターニングセットですがほとんど同じ内容でした。 ガウジは今回の13mmマイクロラフィングガウジ(写真上は8mmラフィングガウジ)の方が使いやすいようです。 ハンドルが1本しか付いてないので当面13mmラフィングガウジ専用として使います。
  • Robert Sorby PEN TURNING SET
    ・アルミハンドル 1本
    ・マイクロラフィングガウジ(13mm) × 1
    ・マイクロスピンドルマスター(13mm) × 1
    ・マイクロパーテーションツール(2mm) × 1

2013/9/29(日) 晴れ

画像の説明

  • チーク瘤軸
    チーク瘤軸の下地処理が進んでいます。 塗りと研磨を繰り返して綺麗な木肌になりました。 軸径も最終の大きさです。 もう少し下地処理を重ねて仕上げ処理で艶出しを行います。 自然な艶のシェラック仕上げかワックス仕上げを考えています。 
     

2013/9/28(土) 曇り

画像の説明

  • インバータ(ミニ)
    交流三相のモーターは回転数の調整や逆転が簡単でパワーもあるので最近は良く使用します。 我が家には家庭用のAC100Vしか引いていないので活躍するのが写真のインバータです。 AC100Vから三相200Vを作ります。 インバータには、出力周波数の調整、モーター過大電流防止機能(V/F機能)、モータのブレーキ機能なども備わっています。 
    現在三相モーターは木工旋盤、腕ミシン、革漉き機に使用しています。 木工旋盤は専用のインバータを使っていますが、腕ミシンと革漉き機のインバータは兼用でした。 これからは使う機会が増えますので写真左の小さな(200W)インバータを増設しました。 新興電機(株)さんで16,380円(送料込み)で購入しました。 オークションで出品されている価格よりかなり安い金額でした。

2013/9/27(金) 晴れ

画像の説明

  • エボナイト軸
    エボナイト軸の標準サイズパトリオットが完成しました。 先日のペンシルとペアでのご依頼です。 このレッド&ブラックエボナイトは落ち着いた配色で発色も素晴らしいエボナイトです。 高級感、適度な重量感、手に馴染むフィット感などエボナイトはペン軸に最適のようです。 

2013/9/26(木) 晴れ

画像の説明

  • チーク瘤軸
    2~3年前にウッドバグースさんから入手したチーク瘤材で万年筆軸を作ります。 木目の流れが複雑で所々に白や緑で木目の流れを遮っている模様も見えます。 綺麗なこの木目と色が映える仕上げにしたいと思います。 これから木地固めと木肌調整をしますので完成時より少し太く切削しています。 どんな軸に仕上がるでしょうか?

2013/9/25(水) 晴れ

画像の説明

  • エボナイト軸ペンシル、マイカルタ軸パトリオット
    レッド&ブラックエボナイト軸のペンシルとマルンリネンマイカルタ軸パトリオットが完成しました。 どちらも貴重な素材で手持ちは僅かになりました。
  • データ
    エボナイト軸ペンシル 長さ140mm、軸径14mm、重さ29g
    マイカルタ軸パトリオット 長さ126mm、軸径15.2mm、重さ43g

2013/9/24(火) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆
    ご依頼の桑軸万年筆の最後の4本が完成しました。 前3本と後ろ1本は違う素材から切り出しています。 写真では分かりませんが、前3本の軸では細かい横縞模様(カーリー杢)が見る方向で動きます。 色も黄金色で綺麗な軸です。

2013/9/23(月) 晴れ

画像の説明

  • カラーエボナイト軸ペンシル
    昨日のレッド&ブラックカラーエボナイトを軸径14mmまで研磨して更に艶出しのために磨きをかけました。 漆黒のなかに濃い朱色が上品で控えめに現れています。 金具なしで17gです。 適度な重さもありエボナイトの良さを十分に味わえるペンになるでしょう。

2013/9/22(日) 晴れ

画像の説明

  • ペン軸6本
    ブラックキャンバスマイカルタのロングパトリオット軸4本、マルーンリネンマイカルタの標準パトリオット軸1本、レッド&ブラックカラーエボナイトのペンシル軸1本の旋盤加工が終了しました。 軸径は少し細身です。 硬いマイカルタ素材を含む軸6本の旋盤作業は少し疲れました。 今日の作業はここまでです。 近日中にもう少し形を整えながら研磨と艶出しをしてから組み立てます。

2013/9/21(土) 晴れ

画像の説明

  • テフロンテープ
    テフロンテープは①耐熱性、②電気特性、③滑り特性などに優れています。 製品名は色々ですが日本バルカー工業のバルフロン粘着テープの0.18mm厚×25mm幅×10mがオークションに安く出ていました。 ミシンや革漉き機の押えに貼って使うと革の滑りが良くなるので写真のようにして使用します。 時々貼り替えが必要な消耗品ですがテフロンテープは正規に購入すると高価なので助かりました。
     

2013/9/20(金) 晴れ

画像の説明

  • エボナイト、マイカルタ軸の準備
    エボナイトでパトリオットとペンシル、 マルンリネンマイカルタは普通サイズのパトリオット、ブラックキャンパスマイカルタはパトリオットロングの軸です。 エボナイトはドイツ製レッド&ブラックのカラーエボナイトで非常に綺麗な発色です。 どれもペン軸に最適な根強い人気の素材ですが入手が難しくなってきています。

2013/9/19(木) 晴れ

画像の説明

  • マイカルタ軸パトリオット
    ブラックキャンバスマイカルタ軸のロングパトリオットが5本完成しました。 替え芯はJETSTREAM(SXR-7)です。 長さ137mm、軸径15.2mm、重さ45gで何時もよりほんの少し短く、軸径も細く仕上げています。 同じ仕様であと4本作ります。

2013/9/18(水) 晴れ

画像の説明

  • パーカータイプ替え芯
    ペンキット付属のパーカータイプの替え芯はノンブランドやDAYACOMなどで100円以下で入手できる比較的安価なものです。 値段の割には品質も悪くはありません。 しかし、より良い書き心地を求められる方には少し不満なようです。 その点国産のJETSTREAM替え芯はコストパフォーマンスに優れているので当工房ではパーカータイプへの変換アダプタを提供しています。
    他にパーカータイプのコストパフォーマンスの優れた替え芯を探してみると写真のMONTEVERDE替え芯が見つかりました。  価格は2本で6.25ドル(クラフトサプライUSA)なので余り高価ではありません。 スベリの滑らかな柔らかい書き心地です。 試してみる価値のある替え芯です。

2013/9/17(火) 晴れ

画像の説明

  • 革製ポーチ
    チャックの取り付け方法を変更したポーチを作ってみました。 ペンケース、ポーチ、トートバックなど購入した型紙やキット、ネットの情報などで10個以上作ったでしょうか。 チャックのつけ方、マチのつけ方、裏地のつけ方などが理解出来たと思います。 折角整備した革用ミシンや革漉き機を活用したいと思います。

2013/9/16(月) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆
    万年筆用の桑軸です。 木固めと木肌調整の後、拭き漆を3回重ねました。 磨粉で磨いたので漆の良い艶が出できました。 更に拭き漆を重ねて艶の厚みを出します。 写真では分かりませんが桑特有の黄金色の軸です。

2013/9/15(日) 曇り

画像の説明

  • チーク瘤
    チーク材について問い合わせがありましたので確認してみました。 31mm×31mm×150mmの瘤材が写真のものを含めて4本ありました。 どれも良い杢です。 拭き漆では全体が黒くなり折角の杢が見えなくなりそうです。 木固めと研磨を繰り返して木肌を調整した後、ワックスの仕上げが良さそうです。

2013/9/14(土) 晴れ

画像の説明

  • マイカルタ軸
    ブラックキャンバスマイカルタ軸のロングパトリオットを作っています。 3本ほど荒削りが終わりました。 この素材硬いので穴あけと旋盤加工は大変なのですが、写真の状態になれば後の研磨・整形はそれ程難しくありません。 残り6本の荒削りが終わってから最終仕上げを行います。
    キャンバスマイカルタはキャンバス(綿布)をフェノール系樹脂で固めたものです。 写真でその様子が良く分かります。
      

2013/9/13(金) 晴れ

画像の説明

  • ドリルチャックとテーパードリル
    旋盤に取り付けて使うドリルチャックの調子が良くない時があるので買い換えました。 中古の日本製(GLOBE)です。 中国製の新品も同じ位の価格で入手できるのですがあえて中古でも国産を選択しました。 業務用の国産ドリルチャックの精度が優秀な事はボール盤で経験ずみです。
    また、9.6mmのテーパードリルも中古品を購入しました。 刃先は綺麗に再研磨してあり手頃な価格でした。 旋盤で使うとストレートドリルより精度が高い穴あけが出来ます。 これはロングパトリオット軸の穴あけに使います。 真鍮パイプが3/8インチ(9.525mm)なので、今使用中の9.5mmドリル刃ではほんの少し穴が細く真鍮パイプの挿入に苦労しています。 9.6mmドリルでは丁度良い穴となります。

2013/9/12(木) 晴れ

画像の説明

  • 素木仕上げ桑軸万年筆
    素木仕上げの桑軸万年筆を組み立てました。 塗装をしていません。 杢が複雑でキラキラ模様も見える部分を選んで製作しました。 桑素材の良い味が出ました。 軸の経年変化が楽しめると思います。

2013/9/11(水) 晴れ

画像の説明

  • 腕ミシン改造
    レザークラフト用の腕ミシンの整備を続けています。 革用の太い糸を使う場合に上糸調整を最大にしても下糸の方に引っ張られて縫い目が安定しません。 プリテンションバネで安定するとの情報があったので写真のように追加しました。 この部品の取り付けネジも11/64-40というミシン規格でした。 タップはネットで入手可能です。 手持ちの5番糸までは縫い目が安定しました。 結果はOKです。 これよりも太い0番糸も購入して確認します。 段々と使いやすいミシンに仕上がってきました。

2013/9/10(火) 晴れ

画像の説明

  • 素木仕上げ桑軸
    6月下旬にご依頼者にお送りし手元で仕上げられた軸をこれから組み立てます。 前2本は素木のままです。 黄色の発色が強くなり杢もハッキリしてきました。 約2ヶ月ですが変化がみられます。 後ろ2本は面白い木目ですがヒビや入り節などがあるので念のため木固めをして研磨し直しました。 少し濡れ色になり前2本とは雰囲気が違います。 この4本は塗装なしでこのまま組み立てます。 

2013/9/9(月) 晴れ

画像の説明

  • 桑軸万年筆両端クローズドエンド
    先日の万年筆用の桑軸です。 一回り太い軸に切削した後木固めをして再度切削した状態が写真です。 これでほぼ仕上がりの軸径と長さです。 桑特有の薄い黄色の綺麗な軸です。 写真上の褐色の桑も同じ素材です。 このままだと時間経過とともにこの軸も褐色に変化していくでしょう。 今回は拭き漆仕上げです。

2013/9/8(日) 晴れ

画像の説明

  • ブラックキャンバスマイカルタ軸パトリオット
    ブラックキャンバスマイカルタでロングサイズパトリオットを9本製作します。 軸径は15~15.5mmで出来上がりの長さは137mmです。 マイカルタ素材は非常に硬いのでドリルの刃もすぐに熱くなります。 10mm位切り込むと固まった切削粉を取り除き、濡れタオルで刃を冷やしながら時間をかけて穴あけをします。
    今日は2本の穴あけと真鍮パイプの接着を実施しました。
      

2013/9/7(土) 曇り時々雨

画像の説明

  • 桑軸万年筆の追加
    桑軸万年筆の追加のご依頼がありましたのでもう少し製作します。 材料はまだ沢山預かっています。 両端クローズドエンドの拭き漆仕上げです。 今日は穴あけと真鍮パイプの接着までの作業です。

2013/9/6(金) 晴れ後曇り

画像の説明

  • ペンケース他
    整備したミシンの確認も含めてペンケースとポーチを作ってみました。 どちらも作り方は一緒です。 今回はペンケース3個とポーチ1個です。 作り方が簡単な割には見栄えが良いので結構人気があります。 

2013/9/5(木) 晴れ

画像の説明

  • ミシン整備(2)
    腕ミシン(TE-1)の針板と送り歯は写真左のような1列送り歯が普通です。 これで殆どの作業は問題いのですが、たまたま2列送り歯と針板のセットを見つけたので入手して取り付けました。 2列送り歯の方が直進性については有利なようです。 一緒に糸取りバネも購入しておきました。 古いミシンなので部品が入手できる間に確保しておきます。 

2013/9/4(水) 雨

画像の説明

  • ミシンの整備
    ミシンで端から一定の幅で縫うためのガイドを定規と言います。 腕ミシンには市販の吊り下げ定規を取り付けて作業していましたが使い勝手が良くありません。 そこで自分の作業に合った定規を作りました。 真鍮板とホームセンターで購入した金具で製作した簡単なものですがステッチの幅も綺麗に揃うようになりました。 ミシンに取り付けているネジはミシンネジといい特殊な規格なのでミシン屋さんで購入しました。

2013/9/3(火) 雨

画像の説明

  • キャップ式ボールペン(ZEN)
    キャップ式の油性ボールペンです。 替え芯はパーカータイプです。 ローラーボールペンのZENを改造して作りました。 キャップはマグネット式になっていて便利です。 軸はマルーンリネンマイカルタで軸径は14.5mmです。 収納時の長さは12cm、使用時(軸尻キャップ)は14cmです。 手に良く馴染むマイカルタ軸で重さも47gで適度な重さです。 他に無い少し珍しい油性ボールペンとなりました。 
     

2013/9/2(月) その2

画像の説明

  • パトリオット3本
    軸のあまり太くないパトリオットのデザイン比較です。
    写真の上から
    ・エボナイト軸パトリオット 長さ141mm、軸径15mm、ロジュームメッキ
    ・     〃       長さ137mm、軸径15.5mm、ニッケルサテンメッキ
    ・マイカルタ軸パトリオット 長さ137mm、軸径15.5mm、ニッケルサテンメッキ
    細い軸の場合は全体が長いと軸が少し痩せて見えるようです。 替え芯にジェットストリーム(SXR-7)を使用するためにはパトリオットの長さは最低137mmとなります。 (パーカータイプの替え芯の場合は長さ全長124mm)
    今後のパトリオットの製作依頼の際の参考にして頂ければと思います。

2013/9/2(月) 曇り

画像の説明

  • システム手帳
    革製のシステム手帳の修理を娘から頼まれたが新規に製作しました。 写真の茶の手帳が今回作ったものです。 青いメーカー製の手帳を参考にしたオリジナルです。 使用した革は1.2mmのヌメ革を使いました。 表、裏は革2枚重ねただけではハリが足りないので芯をいれました。 参考の手帳はヘリ返しでしたが今回はコバ塗りです。 周囲のステッチは縫い目の綺麗な手縫いで仕上げました。 金具は市販のミニサイズ6穴を使っています。 手帳の作り方が理解できてコツも掴めました。

2013/9/1(日)

画像の説明

  • エボナイト軸ロングパトリオット
    レッド&ブラックエボナイト軸のパトリオットを組み立てました。 長さは約14cm、軸径は15mmです。 紅木紫檀を思わせる色と模様のエボナイトです。 エボナイトは高級万年筆など筆記具の軸に最適な素材ですが、最近では入手が困難となっています。 このレッド&ブラックエボナイトはドイツ製で綺麗な発色の素晴らしい素材です。 他にマリーンブルー&ブラックのエボナイト素材も見つかりました。 入手しようかどうか迷っています。

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional