Home > 今日の出来事

今日の出来事

ペン作りやレザークラフトの作業内容や日々の出来事を記載しています。

六角軸万年筆と木製定規の拭き漆

久しぶりの更新です。 白内障手術(5月30日)後の経過も順調です。 1ヶ月間位は目の状態が不安定で、視力が朝夕などで変化していました。 最近はようやく落ち着いてきましたので工房作業も本格的に取り組めると思います。 漆塗りの木製定規の問い合わせがあったので写真の市販定規を漆で仕上げてみる事にしました。 漆は生地に染み込み全体が黒ずんでくるので定規の目盛りが見えなくなると思われるので木固めエースで漆が浸み込まないように処理してから拭き漆で仕上げてみます。 一緒にリグナムバイタの万年筆も漆で仕上げます。

  2023/07/02   yamamoto

朱溜塗六角軸万年筆

過去に製作した朱溜塗の六角軸の中軸万年筆です。 問い合わせがありましたので写真を掲載します。 朴の木で製作し黒漆、朱漆を塗る重ねた上から透き漆を縫っています。 六角軸の角に黒漆も浮き出て良い雰囲気を出しています。 ペンキットはケンブリッジを使用しています。

 

 

23.6.9.51.jpg

  2023/06/09   yamamoto

六角軸ボールペン3本完成

私の体調不良や白内障の手術などで大変おそくなりましたが、ご依頼を頂いていた六角軸ボールペン3本が完成しました。 

写真奥からリグナムバイタの拭き漆仕上げ、山桜の拭き漆仕上げ、白檀のシェラック仕上げです。 

  2023/06/08   yamamoto

白檀のボールペンが完成しました

体調不良で白檀ボールペンの製作が思い通りに進んでいなかったのですがどうにか完成しました。 白檀軸は拭き漆で仕上げる予定でしたが漆が白檀の導管に染み込み木肌の汚れのような感じとなり、素材の良さを台無しにしてしまいます。 色々試してみましたが最終的にシェラック(アルコールニス)仕上げとしました。 写真のように白檀の木肌の美しさを十分に引き出す事ができました。 この白檀軸には縮み杢も現れて見る方向で杢がゆれて見えます。 気に入った素材なので万年筆にも使用してみたいと思います。 

  2023/05/24   yamamoto

白檀のボールペン

白檀は香木としては有名ですが仏像の材料として人気があり、仏教儀式の道具の材料としても利用されています。 特にインド老山の白檀は希少で高価な素材です。 この貴重なインド老山産白檀を少しだけ入手できましたので、白檀軸ペンを作ります。

最初は写真のボールペンです。 拭き漆で仕上げるつもりです。 

仕上がりを見てから万年筆も製作する予定です。

  2023/05/09   yamamoto

クラロウォールナット軸ボールペン

クラロウォールナットは北米産のウォルナットに、欧州産のウォルナットを接ぎ木したものです。 成長段階で、幹に大きな瘤を作って、その瘤が製材された時に瘤杢として現れます。 このクラロウォールナットでボールペンを作りました。 丁寧に下地処理を施してから拭き漆を重ねて仕上げました。 この軸にも漆の艶の下に特融の杢が見えます。 ペンキットはクロームメッキのCarbaraを使用しました。 近日中にCreemaに出品予定です。

 

  2023/04/27   yamamoto

山桜とブライヤーの六角軸ボールペン

六角軸ペン2本が完成しました。 山桜軸は軽い縮み杢が現れています。 拭き漆の下で杢が揺れて見えます。 ペンキットはクリックペンのクロームメッキです。 ブライヤー軸は入り節などの無い部分を選んで使っています。 ブライヤー特有の杢(グレイン)も拭き漆の下から見えています。 こちらのペンキットはポラリスのクリック式でロジュームメッキです。 とちらも確りと拭き漆を重ねています。

山桜の六角軸ボールペンはご予約品です。

  2023/04/17   yamamoto

メガネケース

以前全て手縫いで作っていたメガネケースをミシン縫いができないか試してみました。 革は1.5mm厚の硬いヌメ革の内側に柔らかい鹿革を貼っています。 全てのステッチをミシンで縫う事が出来ればよいのですがケース下側は眼鏡の入る部分が膨らんで縁は6mm位しかないので手持のミシンでは縫う事が出来なく手縫いになってしまいましたが、その他の部分は全てミシン縫いで縫っています。(TFミシンがあれば全てミシン縫いが可能だと思います) それでも全て手縫いに比べると短い時間で完成する事ができました。 見栄えもマズマズだと思います。

売約済みとなりました。ありがとうございました。

  2023/04/11   yamamoto

クラロウォールナット

クラロウォールナットとは北米産のウォールナットに欧州産のウォールナットを接ぎ木した結果、お互いが拒絶反応を起こし独特の泡杢や瘤杢が表れ希少価値が高い木材です。 このクラロウォールナットでボールペンを作ります。 写真は下地処理の終わったクラロウォールナットのボールペン軸です。 これから拭き漆仕上げを行います。 仕上がりが楽しみです。

  2023/04/09   yamamoto

小笠原桑、ハイアンコアのボールペン完成

小笠原桑の六角軸ボールペンとはハイアンコアの丸軸ボールペンが完成しました。 拭き漆を7回重ねて磨き粉で艶を出しました。 

小笠原桑は小笠原諸島の固有種で、現在は伐採が禁止されている超希少銘木で黒桑とも呼ばれています。 拭き漆で特有の黒さが輝きを増してその艶の下に桑の特徴の木目も薄っすらと見えています。 ペンキットはクリックペンのガンメタ.メッキを使用しています。 このペンはご予約品です。

ハワイアンコアは褐色の縞の美しい杢目が特徴の良材で、楽器をはじめインテリアにも多く使用される人気の高い希少材です。 このペンも拭き漆仕上げで美しい艶の下で縞の杢が揺れて見えます。 ペンキットはクリックペンのクロームメッキです。 Creemaに出品しました。 

  2023/03/31   yamamoto