趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

FrontPage

このページは趣味の部屋 工房山本''のホームページです。

趣味の部屋 工房山本 のご紹介

画像の説明

このホームページでは木工芸や漆工芸などの情報を紹介していきます。

最近は、素材としての屋久杉の魅力にとりつかれ「屋久杉泡瘤」で万年筆の軸等を製作しています。 その製作過程を今日の出来事で紹介していますのでぜひご覧下さい。

・過去の情報は引越しました。
  ⇒ 【過去の情報】

・メールはこちらにお願いします。
  ⇒ 【工房山本】

Total:237154 Today:5 Yesterday:86

今日の出来事

2019/1/31 (木) 雨

画像の説明

  • オーブントースター購入
    1902年製のNationalオーブントースターを便利に使用していましたがスイッチの反応が悪い時があるなど少し調子が悪くなったので新しいものに買い替える事にしました。 17年間も使っていた事になります。 使い勝手も良いので同じタイプを探してみるとPanasonicのNB-DT51という写真のものが見つかりました。 メニューボタンで温度・時間を自動調節してくれるので非常に便利です。

2019/1/19 (土) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉トラ杢花台
    屋久杉トラ杢の花台を入手しました。 屋久杉は伐採禁止となっているので入手が難しい素材です。 写真の花台は高価でしたがペン素材として購入しました。 綺麗なトラ杢が現れて厚みも十分あります。 楽しみながら万年筆に仕上げて行くつもりです。 

2019/1/17 (木) 晴れ後曇り

画像の説明

  • ポーチウォレット
    ジャバラ式財布兼ポーチの試作が続いています。 内部は4部屋に区切られています。 その内1つにファスナーを付けてみました。 小銭の収容に便利です。 他の部屋もジャバラ式に開くので見やすく沢山のものが入ります。 今回は硬い革で作りましたが、柔らかい革でも試作するつもりです。

2019/1/15 (火) 曇り後晴れ

画像の説明

  • キーホルダー
    同じ抜き型でデザインを変更して見ました。 コンチョを大きな(30mm径)ものに変更し、革の厚みも6mmとしました。 ステッチは太いシニューに変更しています。 少し完成度が上がったように思っています。

2019/1/14 (月) 晴れ後曇り

画像の説明

  • 革縫ミシン完成
    brother TA2-B623の革縫ミシンへの改造が終わりました。 改造点は針板交換(太い針対応)、糸締りを良くするためのアダプターを追加、モーターを低速でトルクの取れるギヤモーターへの変更です。 快調に革が縫えます。

12019/1/13 (日) 晴れ

画像の説明

  • キーホルダー
    キーホルダーの抜き型を入手したので試作しました。 2mm厚のヌメ革で作りました。 中国製ですがこの抜き型は良く切れます。 精度も良く出来ています。 手縫いの糸はもう少し太くしても良さそうです。 抜き型があると効率良くキーホルダーが作れます。

2019/1/12 (土) 雨時々曇り

画像の説明

  • 屋久杉油木瘤軸ロングパトリオット
    長い間かかりましたが屋久杉油木瘤軸のロングパトリオットが完成しました。 瘤材は入念に下地処理をしないと綺麗な軸にはなりません。 手間をかけて下地処理をすると素材の時とは全く違った美しい杢が表れます。 シェラック仕上げでカルナバワックスで艶出ししています。 この軸に相応しいロジュームメッキの金具を使用しました。 替え芯はジェットストリームとパーカータイプの両方に対応しています。
    (このボールペンは販売済みとなりました。 ありがとうございました。)

2019/1/11 (金) 晴れ

画像の説明

  • 財布兼ポーチの試作
    写真手前の小銭入れを大きくしたものを作りました。
    一万円札が折らずに入り、中はジャバラ構造で3部屋に区切られているので財布兼ポーチとして使えます。 デザイン的に少し気になる点があるので型紙を修正し他の止め金具も検討します。

2019/1/10 (木) 曇り

画像の説明

  • 屋久杉泡瘤軸万年筆
    屋久杉泡瘤軸万年筆の金属部分が見えないようにならないかとのお問合せを頂き、キャップ部分の彫刻リングを取り外しました。 スッキリとして屋久杉泡瘤軸が生きてきたように感じます。 1.5mm位の金属部分は残りますがキャップのみを見た場合はこの部分が生きてくるようです。
    (この万年筆は販売済みとなりました。 ありがとうございました。)
     

2019/1/4 (金) 晴れ

画像の説明

  • 仕事始め
    2019年の最初の工房作業は屋久杉泡瘤軸万年筆の組み立てです。 軸の下地処理、シェラック塗装、カルナバワックスの艶出し作業を終えて暫く室内環境に慣らしてからの組み立てです。 泡杢、光明杢が入り組んだ見事な軸となりました。 ペンキットは高級感のあるStatesmanを使用しました。
  • データ
    全長 約155mm
    太さ キャップ 約20mm、軸 約17.5mm
    重さ 約53g
    ペン先 ツートーンメッキ、イリジュームポイント(M)

2019/1/1 (火) 晴れ

画像の説明

 

 

 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional