趣味の木工芸やカメラ、つり情報などのページです

kiroku12-3

今日の出来事

2012/3/31(土) 晴れ

画像の説明

  • 鋸の目立て
    写真の鋸は30cm位のブライヤーの塊をスライスするために購入した中古の鋸です。 今回の役目は終ったのですが手元にあると便利なので目立てをしたいと思っています。 近所では目立てをしてくれる所がありません。 ネットで検索して相談したのですが古い鋸は折角目立てをしても(錆で)強度に問題がある場合が多いとの事です。 費用的にも目立て代3~4千円と往復の送料がかかるので、必要な時に新品を購入した方が良いかも分かりません。 目立ての練習用に自分でやって見るのも選択肢の一つです。

2012/3/30(金) 晴れ

画像の説明

  • Pen Wizard
    六角のペン軸は丸いペン軸のように旋盤で簡単に作れません。 写真右の Pen Wizard というツールを使って加工します。 どのツールでも一緒ですが使いこなすには少し時間がかかります。 六角面は Pen Wizard に取り付けたミニルーターで削ります。 素材にもよりますが加工中に欠けたり木肌が荒れが発生する事があるので、ミニルータの回転数を調整したり切削量を少なくしたりして綺麗な加工になるように調整中です。 
    Pen Wizard は六角以外の多角形にも対応しています。 その他、軸に螺旋模様や波模様?などを彫り込む事もできます。

2012/3/29(木) 晴れ

画像の説明

  • フィデルバックメイプル
    今日はフィデルバック杢の楓でボールペンの軸を加工しました。 ペンキット先日紹介しました Triton です。 オリジナルのままだとキャップ部と比較して軸が細くなり過ぎなので0.7mm位太くしています。
    拭き漆仕上げでどのように杢が浮き出て来るか楽しみです。
     

2012/3/28(水) 晴れ

画像の説明

  • ブライヤー軸ペンシル(Executive)
    ブライヤー軸のシャープペンシル(Executive)が完成しました。
    派手さはありませんが、ブライヤーのきめ細かい優しい杢が拭き漆仕上で浮き出て高級感のあるペンシルと成りました。 替え芯は0.7mmでツイスト式のシャープペンシルです。

2012/3/27(火) 晴れ

画像の説明

  • クリック式ボールペン(Sierra)
    ボールペンもクリック式が便利ですがメカがしっかりしてデザインの良いペンキットがなかなかありませんでした。 写真のSierraはこの点OKです。 屋久杉トラ瘤で軸を作ります。 旋盤加工したばかりの軸は写真のとおりですが漆仕上げを行うとどのように変化するでしょうか。

2012/3/26(月) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉泡瘤軸
    屋久杉泡瘤軸完成時の感動は特別のものがあります。 この屋久杉泡瘤も非常に癖のある素材で出来上がりの様子はこの状態では想像できません。 今回もかなり手間のかかる事は覚悟です。 癖のある素材程出来上がりの色、杢、模様は素晴らしいものとなります。
    写真は大体の凹部分修正が終った所ですが下地処理はもう少し必要です。
     

2012/3/25(日) 晴れ

画像の説明

  • Triton Ballpointペンキット
    ボールペンの新しいペンキットを入手しました。 Jr.Gentlemen'sを少し豪華にしたようなデザインで、クロームとアップグレードゴールドのメッキです。
    替え芯はパーカータイプてすが国産のJetstreamも使用できるようにします。

2012/3/24(土) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉瘤軸ボールペン(Aero)
    写真上は屋久杉トラ瘤軸Aeroです。 トラ杢は見る方向により表情が変わり奥行き感のある模様が綺麗です。 金具は高級感のある Rose Gold/Black Titaniumで名前は Triton Ballpointです。写真下は屋久杉泡瘤軸Aeroです。 今までの泡瘤素材と異なり小さな泡の上品な軸となりました。 ペンキットは上品で高級感のある Chrome/Black Titaniumを使用しました。

2012/3/23(金) 雨

画像の説明

  • 部品交換
    先日購入したCambridge万年筆キット5組に不具合がありました。 ニブがニブフォルダーに取り付けられません。 販売店に問い合わせるとニブフォルダーのメッキが厚くなり過ぎるとこのようになるとの回答で交換部品を送って来ました。 写真左下が不良品、写真上と右下は送られて来た交換部品です。 このサイトは間違い発送などトラブルも少し多いようですがメールで連絡すると誠意を持って対応してくれますので信頼がおけます。

2012/3/22(木) 曇り

画像の説明

  • 赤溜塗軸ボールペン(Electra)
    朱漆の上に透き漆を刷毛塗りした「赤溜塗軸ボールペン(Electra)」です。 朱漆や黒漆も良いですが溜塗りは漆仕上げの雰囲気がさらに出てきます。 写真では黒軸に見えますが明るい場所で見ると透き漆の下から朱漆が微かに見えています。 時間が経過するともう少し下地の朱色が映えてくるでしょう。

2012/3/21(水) 晴れ

画像の説明

  • 赤溜め塗り
    この軸も漆仕上げで、朱漆の上に透き漆を塗ったものです。 写真では全体は上品な黒色に見えますが、縁は透き漆の被膜が薄いので下地の朱色が見えています。  透き漆の飴色を透して下地の朱色を見るとこのように黒く見えますが、時間が経過すると透明度が増しますの下地の朱色も見えて来ます。

2012/3/20(火) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉泡瘤素材
    少しだけ残っている屋久杉泡瘤素材です。 写真は同じ素材の4面を並べたものです。 杢は複雑ですが泡が大柄で仕上げは難しそうです。 旋盤加工の途中で欠けも発生し易いので慎重に加工します。 どんな模様のペン軸になるかこの状態では分かりません。 ELECTRAの軸になります。

2012/3/19(月) 晴れ

画像の説明

  • ボールペン(Aero)用軸
    インフルエンザも治ったようで今日から漆作業を開始しています。 写真はもう直ぐ完成のAero用軸4本です。 上からブライヤー、屋久杉泡瘤、屋久杉瘤(泡+トラ)、屋久杉トラ瘤の軸です。 ブライヤーは黒漆で少し着色して杢のコントラストを強めています。 トラ瘤は見る方向で縞模様が変化して奥行きのある模様です。

2012/3/16(金)

画像の説明

  • インフルエンザ
    38℃の発熱があり風邪の症状が出たのでクリニックに行き念のためインフルエンザの検査をしたところ見事A型インフルエンザに感染していました。 ウイルスの増殖を抑える「イナビル」を処方して頂いたたので発熱も一日で収まり寝込むことは無かったのですが、工房作業は18日(日)までお休みします。 

2012/3/15(木) 晴れ

画像の説明

  • ブライヤー軸万年筆(Cambridgeクローズドエンド)(2)
    昨日紹介しましたブライヤー軸万年筆(Cambridgeクローズドエンド)を組み立ててお客様に発送しました。 これからはお客様の手で磨きや艶出しをされます。 いわゆる「万年筆を育てる」という事でしょうか。 1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、一年以上経過したものとどんな風に変化するのでしょうか。

2012/3/14(水) 晴れ

画像の説明

  • ブライヤー軸万年筆(Cambridgeクローズドエンド)
    写真はブライヤー軸万年筆(Cambridgeクローズドエンド)ですが、お客様のご要望で今回は漆仕上げでなく Lathe Polish のみの仕上げです。 コーティングされてないのでブライヤー本来の色・艶の経年変化が楽しめます。 作業工程は大幅に少なく後は組み立てだけです。 明日には納品出来ます。

2012/3/13(火) 晴れ

画像の説明
画像の説明

  • JETSTREAMアダプタ
    現在入手できるボールペンのペンキットは替え芯は大部分がパーカータイプですが書き味はあまり良くありません。 国産のJETSTREAM替え芯は安価ですが書き味も申し分ありません。 この国産の替え芯をペンキットのボールペンで使えるようにしたアダプタが写真のものです。 今日はご予約を頂いたものを10組用意しました。 Y's Craftでボールペンをご購入頂いた方でこのアダプタが必要な方はご連絡下さい。 無償で提供します。

2012/3/12(月) 雪

画像の説明

  • ブライヤー
    ブライヤー軸を異なる方法で3種類の仕上げを試みています。 木地固めの時使用する漆に色漆も使用してみました。 写真上から黒漆、生漆、朱漆です。 木地固め以外の工程は全部一緒ですが写真の感じになります。 まだ途中なので艶が増せばもう少し変化すると思います。 黒漆を使用したものが杢もコントラストが少し向上しているようです。 生漆のものと人により好みは分かれそうです。 朱漆のものはやはり赤味が増しています。

2012/3/9(金)(No2)

画像の説明

  • 万年筆(Emperor)用屋久杉泡瘤軸
    この軸は3ヶ月近く拭き漆と研磨を繰り返して来ました。 拭き漆を重ねる毎に模様も色艶も良くなってきました。 最近は杢・泡・油脂による模様のそれぞれに奥行き感すら感じられるようになりました。(写真では上手く表現出来ませんが) どこまで拭き漆を続けるか悩んでいます。

2012/3/9(金) 曇り

画像の説明

  • シャープペンシル(Executive)
    Executiveは0.7mm芯のツイスト式のシャープペンシルです。 機構がしっかりしてデザインも洒落ていますので人気があります。 写真上は朱漆塗りの軸、中は屋久杉軸です。 朱漆は現在小豆色ですが時間が経つとワインレッドに変化します。 屋久杉は先日と同じものですが見る方向で杢はこのようになっています。 下の未仕上げのブライヤー軸はご予約品です。 この時点では杢が目立ちませんが拭き漆が進み漆が軸に染み込むと綺麗な杢が現れます。
     

2012/3/8(木) 曇り

画像の説明

  • 屋久杉軸万年筆(クローズドエンド)
    久しぶりのクローズドエンド万年筆です。 金具はCambridgeを使用しています。 素材は屋久杉のトロと言える部分を使用しました。 瘤材ではないので木目は素直ですが綺麗な杢が軸の全面に現れています。
    クローズドエンド軸は素材の良さが良く出ます。 スターリングシルバーのリングに金メッキの彫刻リング、それに黒の金具が良くマッチしています。

2012/3/7(水) 曇り

画像の説明

  • 屋久杉泡瘤軸
    雰囲気は今までの屋久杉泡瘤とはかなり違いますが、写真の軸も屋久杉泡瘤です。 素材は大柄な泡を多く含んで木質部は赤みが強いものでした。 樹脂の塊が多い分拭き漆仕上げは随分難しかったのですがようやく目処がつきました。 黒軸ペンの好きな方には良い屋久杉泡瘤ではないでしょうか? 仕上がりはもう少し先です。 Cambridge万年筆またはローラーボール用の軸です。

2012/3/6(火) 曇り

画像の説明

  • 塗装のテスト
    屋久杉のテストピースの上にガラスコートを4回実施してその上から生漆をハケ塗りして密着度をテストしました。 写真は、漆室で1昼夜乾燥後#600のサンドペーパーで漆を研磨し、さらに三和呂色磨粉で簡単に艶出しをしたものです。 研磨の度合いで漆の残りがコントロール出来て艶出しでも漆が剥がれる事はありませんでした。 漆を研磨して落とした部分にはガラスコートも残っています。 ガラスコートの成分はガラス+樹脂なので漆との相性は良さそうです。 

2012/3/5(月) 雨

画像の説明

  • 屋久杉軸ペンシル(Executive)完成
    屋久杉笹杢軸のシャープペンシル(Executive)が完成しました。 屋久杉瘤軸ではありませんが入手の難しい素材です。 お客様のリクエストで作成しました。 ツイスト式シャープペンシルで芯の太さは0.7mmです。 スッキリしたスタイルに屋久杉の笹杢が良く似合います。 同じペンキットで本漆朱軸も近日中に完成します。

2012/3/4(日) 雨

画像の説明

  • ブライヤーの拭き漆
    ブライヤーの拭き漆の完成が近くなりました。 目立たなかった杢も浮かび出てきています。 硬い素材なので艶も良く出ています。 この度は普通に生漆で拭き漆をしていますが、朱漆や黒漆で拭き漆をするとどんな仕上がりになるか興味があります。 

2012/3/3(土) 晴れ

画像の説明

  • 屋久杉笹杢軸クローズエンド万年筆
    屋久杉笹杢も簡単には手に入らない素材で、細かく目の詰んだ木目と油分が多いという屋久杉の特徴を備えています。 屋久杉泡瘤とは比べ物になりませんが屋久杉のなかでも上物です。 この写真と比較すると屋久杉泡瘤の杢・模様、色艶がいかに素晴らしいかを理解してもらえるのではないでしょうか。 

2012/3/2(金) 曇り時々雨

画像の説明

  • 色漆
    写真は11月に作成した朱漆のELECTRA用の軸です。 直後より朱の鮮やかさが増しています。 ハケ塗は拭き漆に比べて綺麗に仕上げるのが難しいのですが漆の特徴が良く出ます。 蒔き錆で生漆の上からとの粉を蒔いて乾燥させているので非常に硬い下地となっています。 漆のハケ塗りも4~5回繰り返しますので漆被膜も拭き漆と比べれば格段の厚みがあります。 日常使いのペンとしては、傷が付き難く高級感もあるので最適ではないでしょうか? 朱、黒、碧などの色漆塗りも今後増やします。

2012/3/1(木) 曇り

画像の説明

  • 屋久杉泡瘤軸ボールペン2本完成
    今回の屋久杉泡瘤素材で作成する最後のボールペンです。 泡、杢、模様、色合とも満足の出来上がりとなりました。 やはり屋久杉泡瘤は手間がかかりますが魅力のある素材です。 残り1本の屋久杉泡瘤軸万年筆(Emperor)ももうすぐ完成です。 

powered by Quick Homepage Maker 4.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional